News&Blog お知らせ・ブログ

悲しい出来事

2017.01.27

いつも弊社をご愛顧くださいまして誠にありがとございます。この度弊社にとりまして、とても悲しい出来事がありました。これからお話することを書かざる得ない事態になっていることがとても残念ですが、お読みくださいましてご理解いただけますと救われる気がいたしますので、ここに書きます。

今月に入り、お客様より「良品集家とよく似た表現、図がありますが、良品集家さんですか?」とのご連絡を数十件いただき、その他にもさまざまなご連絡をうけております。私共はお客様からご連絡を頂き初めて知った次第でございます。
弊社と長きに渡りお付き合いをしてくださっているお客様が、わざわざ酷似した表現が掲載されていると思われる某美容商材卸会社さん(今までお取引した実績は一切ございません。、当案件についてのコンタクトも一切ございません。)のURLをメールに添付してくださったのを開いてみて、あまりの衝撃に言葉を失いました。良品集家のWEBサイトを立ち上げた十数年前から、コツコツとお客様ファーストを目指し作り上げてきたコンテンツ(タオル選びに困ったら?・用途から選ぶ等多数のコンテンツ)が、微妙に形や数字・語尾等を変えているだけで掲載されております。

全ての商品、そして商品名・商品詳細文・図そしてコンテンツを、社員一同が何度も何度も会議を繰り返し、ゼロから作り上げてまいりました。この大元になっているのがお客様から頂戴いたしました「お声」を元に反映させていただき、「タオルは触ってみないと伝わらない。ネットでなんかタオルは売れない」と言われた時代から「どのように表現すれば触れていなくても分かっていただけるか?」をとことん追求し、本当の生みの苦しみを味わいながら今日に至っております。今ある全ての知恵を振り絞り、「お客様へプライドを持ってお勧めできるモノ作り・コンテンツ作り」をいたしております。何故にこのような酷似した内容を、堂々と掲載しているのか?とても悔しく憤りを覚えます。真摯に向き合ってきたこの十数年はいったい何だったのだろう?掲載している方・責任者の方がどのような感情をお持ちなのか全く理解できませんが、逆の立場になった時の気持ちを想像できないのでしょうか?売り上げを上げたいが為に模倣することは許される行為なのでしょうか?会社の大小以前に、「商売上の道徳」という基本中の基本をお忘れになってしまわれた、本当に悲しい悔しい出来事です。

今回の出来事で悲しみに暮れるのは今日で終わりにします。気持ちを新たに今までどおり「お客様のお声」を商品に反映し、良品集家を愛してくださっているお客様からくださる温かく有り難いメッセージの数々を私どもの宝物にし、志高くプライドを持ち前向きに精進してまいりますので、どうか今後とも良品集家にご支援を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

長文をお読みくださいまして、どうもありがとうございました。

 運営会社株式会社 舞花 代表取締役 神村美穂

良品集家スタッフ一同